« フライトプラン | トップページ | ダニー・ザ・ドッグ »

2006年8月21日 (月)

皇帝ペンギン

Photo_7

監督 リュックジャケ

音楽 エミリーシモン

声の出演 ロマーヌボーランジェ・シャルルベルリング・ジュールシトリュク

感想

 マイナス40℃の南極で皇帝ペンギンの生態を追ったフランスのドキュメンタリー。最初ペンギンが登場した時はその愛くるしさがたまらない。でも、内容はそんな生易しいモンじゃなくて子孫を残す為だけに生きる皇帝ペンギンを描いている。卵を産むために延々と行進する皇帝ペンギン。そしてメスは生まれてくる雛にやるエサをとるため来た道を戻る。その間オスは何ヶ月もひたすら立ったまま何も食べずに極寒から卵を守りメスの帰りを待つ。そして雛が生まれたとしてもその寒さに死んでしまったりと、大自然のスペクタクルの中で命の尊さや儚さを感じる。決して人間ではありえない事が皇帝ペンギンの世界では普通に繰り返されていたりと、見ながらイロイロ考えさせられる作品。自然モノのドキュメンタリーとしては一級品ではなかろうか。3人の俳優たちがそれぞれ父、母、子のペンギンの思いを語り独特の世界感を紡いでいる。だだ、ドキュメンタリーとしてだけのモンじゃなく作品自体にもうちょっと時間的余裕を与えれば見る者にゆっくり考えさせる時間が出来たかもしれん。 日本語吹き替え版で声をしているのは石田ひかり・大沢たかお・神木隆之介。

皇帝ペンギン プレミアム・エディション DVD 皇帝ペンギン プレミアム・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2005/12/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« フライトプラン | トップページ | ダニー・ザ・ドッグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/3158809

この記事へのトラックバック一覧です: 皇帝ペンギン:

« フライトプラン | トップページ | ダニー・ザ・ドッグ »