« 耳をすませば | トップページ | ホーホケキョ となりの山田くん »

2006年8月14日 (月)

もののけ姫

Photo_26

監督 宮崎駿

プロデューサー 鈴木敏夫

音楽 久石譲

作画監督 安藤雅司・近藤喜文

声の出演 松田洋治・石田ゆり子・美輪明宏・田中裕子・小林薫・西村雅彦・森光子・森繁久弥

あらすじ

 山里に住む若者アシタカ(松田洋治)は、怒りと憎しみによりタタリ神と化した猪神から呪いをかけられてしまう。助言を受け呪いを解く術を求めて旅に出るアシタカはやがて西方の地でタタラの村にたどり着く。エボシ御前(田中裕子)が率いるその村では、鉄を造り栄えていたが、それは神々の住む森を破壊することでもあった。アシタカはそんなタタラ達に戦いを挑むサン(石田ゆり子)の存在を知る。人の子でありながら山犬に育てられた彼女は「もののけ姫」と呼ばれていた。

感想

 宮崎駿の作品の中で、何かコレが一番力入ってるな~って思う。見ていて普通にイイ作品。内容はナウシカの室町版。宮崎映画の集大成としてナウシカのクオリティーをこれでもかって位高めた感じ。そら面白いやろ。そら超ヒットするやろ。宮崎がジブリアニメを通じて伝えたいメッセージはこの作品に集約されてる。自然との共存・人間のおごり・反戦・・・ジブリ作品を見る時は、本作を一番最後に見るのがオススメかもね。

 にしても、宮崎さんこの映画で引退ってゆうてたのにな。宮崎駿監督引退作品って事で、作品は超ヒット。で、スタジオジブリの作品の素晴しさを改めて知った日本人がかなりおった事でしょうに。で、アカデミーへのノミネート。まあアカデミーは逃したけども、普通に宮崎駿監督の作品をもっと見たいって考えた人も多々いたやろな。これに伴ってアニメの中でもジブリ作品は別格とゆう見方が強まった。今までアニメは見ないってゆうてた人達も立ち上がってジブリ作品だけは見るようにしてるみたいな事に。結局引退は撤回した訳やけども、この作品の今まで考えもしなかったヒットでジブリが変わってしまったのは言うまでもない。

もののけ姫 DVD もののけ姫

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2001/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 耳をすませば | トップページ | ホーホケキョ となりの山田くん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/3060930

この記事へのトラックバック一覧です: もののけ姫:

« 耳をすませば | トップページ | ホーホケキョ となりの山田くん »