« 火垂るの墓 | トップページ | おもひでぽろぽろ »

2006年8月14日 (月)

魔女の宅急便

Photo_21

監督 宮崎駿

プロデューサー 宮崎駿

音楽 久石譲

作画監督 近藤喜文

声の出演 高山みなみ・佐久間レイ・戸田恵子・山口勝平・山寺宏一

あらすじ

 13歳になると旅に出なければならないとゆう古い一族の掟に従い、魔女のキキ(高山みなみ)は黒猫ジジ(佐久間レイ)と修業の旅に出る。海辺の大きな街が気に入ったキキはひょんな事からパン屋のおソノさん(戸田恵子)と出会い居候さしてもらえる事に。箒で飛ぶ以外に能がないのキキは空飛ぶ宅急便を始める。

感想

 児童書を原作とした、さすがの一言な作品。トトロと同じくかなりの頻度でTV放送してるからとても有名な映画でもある。箒で空を旅してる途中にラジオをつけたら流れてきたユーミンの曲。それとともにオープニングタイトルが。このタイミングはかなり秀逸な出来である。それに留まらずストーリー構成や演出も細部まで行き届いてる。よくぞここまでスカートをスカートとして表現させてるな~って感心したよ。宮崎監督すげー!って、こん時は素直に思えました。内容はイロイロな経験を通して成長してゆく少女を追っただけのモノやけども何度見ても飽きないその作りには感動すら覚える。下手なメッセージ等に作品が流されていないので見ていてほのぼのするよな。ラストの戻らなかったジジの言葉にも未だイロイロな憶測を呼んでるくらいやし、そんなけ良かったって事やろ。

ちなみに、この映画、公開前にクロネコヤ○トの宅急便とは話合いが成立してたみたいです。かなりカブってる設定やもんな。いや~ヤ○トさんがイイ会社で良かった。良かった。

魔女の宅急便 DVD 魔女の宅急便

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2001/06/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 火垂るの墓 | トップページ | おもひでぽろぽろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/3058746

この記事へのトラックバック一覧です: 魔女の宅急便:

« 火垂るの墓 | トップページ | おもひでぽろぽろ »