« スパイダーマン | トップページ | ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 »

2006年8月 9日 (水)

スパイダーマン2

Photo_13

監督 サムライミ

撮影 ビルポープ

出演 トビーマグワイア・キルスティンダンスト・アルフレッドモリーナ・ジェームズフランコ・ウィレムデフォー

あらすじ

 あれから2年、ピーター(トビーマグワイア)は新聞社への写真の売り込みで生計を立てながら大学生活を送る一方、スパイダーマンとしてNYを守っていた。メリージェーン(キルスティンダンスト)は念願の舞台女優になり、親友のハリー(ジェームズフランコ)は亡き父の会社の跡を継ぎつつ父親の仇がスパイダーマンであると思い込み復讐に燃えていた。そんな時、ハリーの会社のもとで研究を続けていたDr.オクタビアス(アルフレッドモリーナ)が実験中の事故で怪人ドック・オクとなってしまう。

感想

 まさしく、これこそスパイダーマン。1でたらたらプロローグを語り尽くしたおかげで最初からアクセル全開で飛ばしまくり!前作のヒットってのもあってワイヤーでカメラを飛ばす、まるで観客がスパイダーマンになったかのような感覚になれるスパイダーアイを多用したのが良かった(1でのラスト30秒で使ってたアレ)。ソレがそのまま画の迫力に繋がってる。その点でこの作品はかなりイイ作品と言える。ストーリーなんか求めちゃダメだ。ラブストーリーとして見ても全然でしょう。オープニング見ても分かるようにたったアレだけで1の内容が把握出来てしまうんやから。そんなモンや。3の公開も決まってるし、次はどんな作品になるのやら。楽しみ。

 そういや、別に粗を探した訳やないんやけど、電車のシーンで火がいたマスクを外したスパイダーマン。暴走する電車をやっとのこさで止め、力尽きるスパイダーマンに乗客の子供がコレ見つけたよ!ってマスクを返す。やけど、どこからそのマスクを見つけて来たんだ?スパイダーマンがマスクを外したのは電車の外で、しかも遥か彼方やぞ!もしかして、スパイダーマン以上の逸材発見?しかも、当のドック・オクは後々のシーンの為にスパイダーマンの素顔を見ていないときたもんだ。画面に迫力を求めるばかり、ウォーリーを探せよりも簡単なくらい、出るわ出るわの粗を詰め込んでしまったのは・・・仕方ない事なのかな。

スパイダーマンTM2 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) DVD スパイダーマンTM2 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« スパイダーマン | トップページ | ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/3000330

この記事へのトラックバック一覧です: スパイダーマン2:

« スパイダーマン | トップページ | ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 »