« エリザベスタウン | トップページ | 天空の城ラピュタ »

2006年8月13日 (日)

風の谷のナウシカ

Photo_17

監督 宮崎駿

プロデューサー 高畑勲

音楽 久石譲

声の出演 島本須美・辻村真人・納谷悟朗・TARAKO・冨永みーな 

あらすじ

舞台は地球壊滅後の近未来。海から吹く風によって腐海の毒から守られている「風の谷」。ある日風の谷に虫に襲われた輸送飛行船が墜落した。船内からは最終戦争で地球を壊滅させた「巨神兵」の核が出てきた。やがて巨神兵をめぐり闘争が勃発し風の谷の王妃ナウシカ(島本須美)も戦乱に巻き込まれてゆく。

感想

 未来少年コナンでも描いていた文明消滅後に生まれた森林が生命を再生させるという構図を膨らませて、後々製作される「もののけ姫」に繋がる自然と人間との対立と共生を描いた作品。世間では勘違いしてる人も多いと思うが、本作はまだスタジオジブリの作品ではない。スタジオジブリが出来たのは本作のヒットに伴うもの。とはいえ作品のテイストは宮崎駿そのものである。

 アニメ映画を作りたいけど、原作もない作品に出資してくれる会社がなかった。じゃあ原作を作ってしまえ!と書かれ始めた当時アニメージュに連載してた同名漫画のアニメ化。全7巻ある漫画の触りしか劇場版では描かれていないから全くの別モノとして捕らえるんがエエやろな。原作ファンからしたらこれ見たくらいで解った気になるなよ!って声が多々あるみたいですけど、風の谷のナウシカをただ一つの映画として見ると十分すぎる程メッセージは伝わってくると思います。逆に映画から原作へと入った人もおるやろし、今もなおファンの多い、スタジオジブリを形作った原点的な作品ですね。

風の谷のナウシカ DVD 風の谷のナウシカ

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2003/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« エリザベスタウン | トップページ | 天空の城ラピュタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/3048378

この記事へのトラックバック一覧です: 風の谷のナウシカ:

« エリザベスタウン | トップページ | 天空の城ラピュタ »