« 天空の城ラピュタ | トップページ | 火垂るの墓 »

2006年8月13日 (日)

となりのトトロ

Photo_19

監督 宮崎駿

プロデューサー 原徹

音楽 久石譲

声の出演 日高のり子・坂本千夏・糸井重里・島本須美・北林谷栄・鷲尾真知子

あらすじ

 舞台は昭和30年代の所沢。大学で考古学を研究する学者のお父さん(糸井重里)・小学6年生のサツキ(日高のり子)・4歳のメイ(坂本千夏)の3人が引っ越してきたのは、美しい自然があふれる田舎のお化け屋敷のような一軒家。ある日メイは森の中で不思議な生物を見つける。

感想

 決して難しいメッセージを入れて作品を重くする事もなく監督自身が子供目線で子供に夢を与えるような作りになってる所に素直に共感できる。誰が見ても感動出来る作りになっているので初期の宮崎作品は本当に素晴しいと思う。テレビでも嫌って程放送してるからトトロを知らないってゆう日本人はそんないないんじゃないかな。今のスタジオジブリのシンボルにもなってるし。トトロってゆうキャラクターだけじゃなくこの作品自体がスタジオジブリのシンボルなんやろな。こうゆう作品をかつて作っていたって事を忘れないでいて欲しいもんだ。

 本作と同時上映だった「火垂るの墓」。昭和初期の日本をアニメで描きたいとゆう監督に製作サイドが「誰がそんな映画見に来るのか?」と反発。それもあって2作の同時上映になった。トトロを映画館に見に行った人にとったらどっちの作品を先見たかによって評価の変わるトコなんやろな。先に「火垂るの墓」なんてみようモンならブルーのどん底に叩き落された後の軽快なオープニング。トトロを見て気分ウキウキなんて到底無理な話でしょうに。逆も嫌やけど。

 

となりのトトロ DVD となりのトトロ

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2001/09/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 天空の城ラピュタ | トップページ | 火垂るの墓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/3048814

この記事へのトラックバック一覧です: となりのトトロ:

» 夢占いで有名!「ぐっちゃんの夢占い」について [夢占い 無料夢診断]
ネットには夢占いのサイトが数多くあります。中でも「ぐっちゃんの夢占い」はかなり参考になると言われています。 [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 21時25分

« 天空の城ラピュタ | トップページ | 火垂るの墓 »