« スワロウテイル | トップページ | アレックス »

2006年9月17日 (日)

恋愛適齢期

Photo_7

監督 ナンシーマイヤーズ

脚本 ナンシーマイヤーズ

音楽 ハンスジマー

出演 ジャックニコルソン・ダイアンキートン・キアヌリーブス・フランシスマクドーマンド・アマンダピート・レイチェルティコティン

あらすじ

 ハリー(ジャックニコルソン)は未だに30歳以下の女性としか付き合ったことがない63歳の独身。ある時、彼は若い女性マリン(アマンダピート)と海辺に建つ彼女の母親の別荘で過ごしていた。そこへマリンの母エリカ(ダイアンキートン)がやって来た。エリカは人気劇作家でバツイチの54歳。自分よりも年上の男と付き合う娘に面食らうも当人同士の問題と口出ししないことに。そんな時、突然ハリーが心臓発作で倒れてしまう。大事には至らなかったものの、しばらくは安静にしてなければならない。エリカは仕方なくハリーの健康が戻るまで看病することにした。

感想

 大人向けのラブコメ。若い女性にしか興味のない63歳の独身男。人気劇作家バツイチ女性。そんな女性に恋をした青年医師。そんな3人の恋愛模様。ジャックニコルソンとダイアンキートンなんてその演技を見るや自然すぎてすんなりと入って来る。映画の内容自体はいたって普通なのに、128分という時間を感じずイッキに見れてしまうのは、その演技の上手さに他ならないだろう。キアヌリーブスが久々の助演で主演の2人を支えてるだけの役に甘んじてるのは逆に新鮮さを感じる。そして、ダイアンキートン。50代後半にしてヌードを披露するその意気込みにはアッパレ。恋愛映画といえば若い2人がってのが主流みたいになってるけど、熟年カップルの会話は言葉の引き出しも多くて見ているだけで楽しめる。見て損はしない作品やな。でも、ヌードのシーンは必要性があったのかい?

DVD 恋愛適齢期

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/09/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« スワロウテイル | トップページ | アレックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/3476715

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛適齢期:

« スワロウテイル | トップページ | アレックス »