« JFK | トップページ | ボウリング・フォー・コロンバイン »

2006年9月10日 (日)

ブレイブハート

Photo_9

監督 メルギブソン

製作 メルギブソン

脚本 ランドールウォレス

出演 メルギブソン・ソフィーマルソー・パトリックマクグーハン・キャサリンマコーマック・デヴィットオハラ・トミーフラナガン

あらすじ

 幼い頃に家族を皆殺しにされ故郷を離れて大人になったウォレス(メルギブソン)。そして愛する妻までも・・・。イングランドへの怨念と復讐に燃え、反抗軍を組織。愛国者であり現状打破を求めるスコットランド民衆は彼の元に集まってくる。そして、ウォレスは祖国解放を願う民衆と共に自由を獲得するためイングランドとの戦いに挑む。

感想

 これまでの中世が舞台の映画とゆうのは、どこか茶番的な色のある作品が多かったんやけど、それらとは全く異なる作品になってる。戦闘シーンを見れば一目瞭然である。あえて残酷なシーンをあたかも普通に織り交ぜる事によって逆にそれがリアルさを際立たせている。撮影カメラも外からの画ではなく数千人はいる戦闘の真っ只中に置く事により、かなりな臨場感を生んでいる。そしてこの作品の最も素晴しい所が自由とゆうものに対する執着である。この日本に生まれた人はどれだけ本当の自由とゆうものを感じているのだろうか。ウォレスは戦闘前の演説でこう言った。「戦えば死ぬかもしれない。逃げれば命は助かる。少しの間は。ベッドの上で死ねるかもしれない。だが、この先の寿命を今日、この日に賭けて敵にこういってやろうではないか。我々の命を奪う事は出来ても我々の自由は奪えないと!」そう、それだけ自由とゆうモノは重いモノ。そんな事を教えてくれる映画です。本作の主人公ウィリアムウォレスは実在の人物。彼は最後まで自分の生き方を貫き通した。だからこそ彼の死後も彼は生き続けてるんだろう。

ブレイブハート DVD ブレイブハート

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/01/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« JFK | トップページ | ボウリング・フォー・コロンバイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/3391815

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイブハート:

« JFK | トップページ | ボウリング・フォー・コロンバイン »