« インファナル・アフェア | トップページ | インファナル・アフェアⅢ 終曲無間 »

2006年9月 6日 (水)

インファナル・アフェアⅡ 無間序曲

Photo_22

監督 アンドリューラウ・アランマック

製作アンドリューラウ

脚本 アランマック

出演 エディソンチャン・ショーンユー・アンソニーウォン・エリックツァン・チャップマントー・カリーナラウ

あらすじ

 1991年香港マフィアの大ボス、クワンが暗殺される。しかし配下のボスのひとりサム(エリックツァン)だけは造反を画策する4人のボスたちをよそに静観を続ける。実はこの暗殺、サムの出世を願う妻マリー(カリーナラウ)が夫に黙って手下のラウ(エディソンチャン)へ命じたものであった。そんな彼女に恋心を抱くラウはやがて、サムによって警察学校へ送り込まれる。一方、組織犯罪課のウォン警部(アンソニーウォン)は、クワンの子供であることが発覚し警察学校を退学処分になったヤン(ショーンユー)を組織へ潜入させる。こうしてラウとヤンの2人は1992年気づかぬうちに互いの人生を交差させてゆく。

感想

 この作品はⅠの時間軸を過去に戻し、若かりしラウとヤンがいかに潜入するかを描いている。当然演じる人物は違う。まあ当然か。同じ警察学校にいたのに10年後お互いが見て気付かないんやから。10年でそれ相応に成長する必要があったんやな。にしても、イイ俳優さん。若いのにイイ演技をしはる。でも、このⅡは基本、ラウとヤンにスポットを当てつつもウォン警部とサムの作品にしたと言っても過言ではない。内容的にも香港の黒社会を舞台にばりばりゴッドファーザーを意識した作り方をしてる。ストーリーもありがちで誰でも想像できるような安易なモノやない。どうしても過去を描く場合、その次にⅠがあるから内容を読まれ易いんやけども、そこんとこもちゃんと考慮して深く作ってるってのがまざまざと感じられる。濃い内容を2時間におさめるってゆうのもあって全体的にテンポが早く序盤にキャラが出すぎで説明不足感がある。映画に目が慣れてない人は意味解らんまま話が進んで行ってしまうんやないかな。でも、細かい演出を抜いた事によって、普通はせわしなくなってただ忙しいだけの映画になるんやけど、逆に画面に重々しさが出てきて効果的に雰囲気に活かされてる。それだけ演者の演技力が必要にもなるんやけど、これには参った。

 Ⅰで光を放っていたウォン警部の演技や過去もしっかりと堪能出来るし、影が若干薄い感のあったサムもかなりアツい演技を見せてる。香港返還ってゆう時代背景を使ったってのもあって、かなり堪能度合いの高い作品に仕上がってる。

インファナル・アフェアII 無間序曲 DVD インファナル・アフェアII 無間序曲

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/07/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« インファナル・アフェア | トップページ | インファナル・アフェアⅢ 終曲無間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/3345302

この記事へのトラックバック一覧です: インファナル・アフェアⅡ 無間序曲:

« インファナル・アフェア | トップページ | インファナル・アフェアⅢ 終曲無間 »