« ゴッドファーザー | トップページ | ゴッドファーザー PARTⅢ »

2006年9月11日 (月)

ゴッドファーザー PARTⅡ

Photo_13

監督 フランシスフォードコッポラ

原作 マリオプーゾ

音楽 カーマインコッポラ・ニーノロータ

出演 アルパチーノ・ロバートデニーロ・ロバートデュバル・ダイアンキートン・ジェームズカーン・ジョンカザール・タリアシャイア

あらすじ

 マイケル(アルパチーノ)は根拠地をニューヨークから西部のネバダ州タホー畔に移していた。ドンの椅子に座るマイケルの頭の中には、やがて父ビトーの事が巡る。若き日のビトーは、マフィアの親分チッチオに父親を殺される。悲しみに暮れる葬列の中の一発の銃声。復讐を誓い山に隠れて機会をうかがっていたビトーの兄がチッチオの手下に撃たれてしまった。そして母も。孤独となったビトーはチッチオの手下に命を狙われる中、アメリカに逃げ延びる。成長した青年ビトー(ロバートデニーロ)は若き日のクレメンツァ、テッシオ、ジェンコらと知り合いパン屋、八百屋、服屋など様々な職業をやりながら、イタリア移民の人々の信望を集めていき、次第に頭角をあらわす。そんな中、街を牛耳っているファヌッチが立ちはだかる。

感想

 ビトーのあとを継ぎファミリーのドンとなったマイケルの苦悩を描いたシリーズ第2弾。幼いビトーが青年となり、やがてファミリーを築くまでの物語を実に巧みにからませて作品を構成させている。本作はありがちな単なる続編ではない。前作と2つで1つの作品の様になるのが凄いところである。PARTⅡと前作は70年代に製作され未だにこれを超えるマフィア映画は存在しないと言わしめる程の傑作。若き日のビトーを演じているのがロバートデニーロ。彼の演技の上手さは言うまでもないが、この作品の殊勲賞はやはりアルパチーノではなかろうか。ビトーがドンになった時とは全くと言っていいほど変わってしまった時代の中でのファミリーを束ねるドンとしての苦悩がコッポラの緻密とも言える映画センスの中で一際輝きを見せていた。権力という名の孤独・愛とゆう名の哀しみがひしひしと伝わって来る。さすが面白い作品は時間の長さとゆうものを忘れさせてくれる。重厚さゆえに一回見ただけでは全てを拾え切れない感はあるが200分とゆう長さに気が引けている人、迷わず見るべきです。

DVD ゴッドファーザー PART II

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2004/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ゴッドファーザー | トップページ | ゴッドファーザー PARTⅢ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/3406017

この記事へのトラックバック一覧です: ゴッドファーザー PARTⅡ:

« ゴッドファーザー | トップページ | ゴッドファーザー PARTⅢ »