« エターナルサンシャイン | トップページ | SAW2 »

2006年9月 6日 (水)

SAW

Photo_19

監督 ジェームズワン

原案 ジェームズワン・リーワネル

脚本 リーワネル

出演 ケイリーエルウィズ・リーワネル・モニカポッター・ダニーグローヴァー・トビンベル・ショウニースミス

あらすじ

 薄汚れた広いバスルームで目を覚ました2人の男、ゴードン(ケイリーエルウィズ)とアダム(リーワネル)。彼らはそれぞれ対角線上の壁に足首を鎖で繋がれ閉じ込められていた。2人の間には拳銃で頭を撃ち抜かれた自殺死体。他にもテープレコーダー・マイクロテープ・一発の銃弾・タバコ2本・着信専用携帯電話・2本のノコギリ。状況がまるで呑み込めず錯乱する2人に「6時間以内に目の前の男を殺すか2人とも死ぬかだ」というメッセージが告げられる。その頃タップ刑事(ダニーグローヴァー)はジグソウを追っていた。ジグソウが仕掛ける残忍なゲームで次々と被害者が出ていた。

感想

 ゲーム感覚のソリッド・シュチュエーション・スリラー。多分、まずオチを思いついてそれに肉付けしていったんやろね。でもその割には良く出来てる。よく、この映画は細部が全然詰められてないからアカンってゆう話を聞くけど、もっと細部まで見てたらそんな事ないんが良く解る。一応観客に噛み付かれる事想定してありえなさを消す伏線を描いてるんやから、ちゃんと見ないとね。この映画はオチがどうこうってゆうよりも、自分が当事者になったような感覚で見る作品やな。そもすればオチが活きてくる。まあ製作者サイドからしたらそんな事は考えてないやろけどな。もっと、アダムに感情移入出来るような作りにした方が良かったんやと思う。R-15指定くらってるしキモいシーンが出てくるんやと思ってたけどそないでもなかった。低予算映画にしてはかなりな上位ランクな作品ではなかろうか。

SAW ソウ DTSエディション DVD SAW ソウ DTSエディション

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2005/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« エターナルサンシャイン | トップページ | SAW2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/3345273

この記事へのトラックバック一覧です: SAW:

» SAW3 怖すぎて公開危機 [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
SAW3は、米ホラー映画。 怖すぎて公開危機にあっている。 SAWの1と2のあらすじは以下の通り。 目が覚めると、部屋の中央には死体。 対頂隅には足を鎖で繋がれた二人。 与えられたのは、テープレコーダー、一発の弾、タバコ2本、着信用携帯電話、2本のノコギリ。 「君たちは死につつある」 「6時間以内に相手を殺すか、自分が死ぬか」 犯人から突如として与えられた謎と運命に動く事もまま成らない... [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 20時15分

« エターナルサンシャイン | トップページ | SAW2 »