« インファナル・アフェアⅢ 終曲無間 | トップページ | ヒート »

2006年9月 6日 (水)

シカゴ

Photo_24

監督 ロブマーシャル

原作 ボブフォッシー

音楽 ジョンカンダー

出演 レニーゼルウィガー・キャサリンゼタジョーンズ・リチャードギア・クイーンラティファ・ジョンCライリー・ルーシーリュー

あらすじ

1920年代シカゴ。スターを夢見るロキシー(レニーゼルウィガー)はキャバレーの専属歌手ヴェルマ(キャサリンゼタジョーンズ)のステージを憧れの眼差しで見ていた。そんなある日ロキシーはショーに売り込むとの約束を守らなかった愛人と諍いを起こし撃ち殺してしまう。逮捕され留置所に送られたロキシーはなんとヴェルマと出会う。彼女は不倫した夫と妹を殺した罪に問われていた。しかし、マスコミ操作に長けた敏腕弁護士ビリーのおかげで巷では一躍スター扱い。ロキシーも同じ手段でヴェルマ以上の注目を浴びようとビリーを雇おうとするのだが。

感想

 ボブフォッシー作のミュージカルを映画化。アカデミー賞6部門制覇するほどの作品ではないとは思うが、かといって面白くない訳でもない。どっちかってゆうたらブラックコメディーになんのかな。良い人間として見ていたら「こいつら人間として何やねん」って事ばっかや。実際に罪を犯した人が無罪になって無実の罪の人間が死刑になってる。まあ細かく考えだしたらアカンな。やからブラックコメディーエンターテイメントミュージカルとして気楽に楽しまなくちゃな。その点から見たら出来はかなりイイと思う。あくまでも舞台で見るミュージカルじゃなくて映画やねんからところどころ簡単な説明だけでわざわざ歌う必要がない所はあったけどもな。リチャードギアのタップダンスも上手いし、ミュージカル出身なキャサリンゼタジョーンズの歌や踊りも見てて安心感がある。それにレニーゼルウィガー。彼女は映画「コールドマウンテン」に出演したいが為に本作出演OKしたんよな。ようはズブの素人。にしたら練習でダンスはかなりな出来栄えになってたし歌も上手かったから及第点はあげれる。でも、ところどころダンスに必死で顔に余裕が全くなく、めっちゃ不細工なっててんけどアレはどうなの?例えばラストのシーン。これなんか隣でキャサリンが踊ってるってのもあってかなり目立ってたで。まあこれでイイんなら何もゆわんけどさ。

 この作品、イロイロ出演者がいる中で殊勲賞はジョンCライリー。彼のセロファンはこの映画の中でも一番の見所やと思います。そこだけでも必見。

シカゴ スペシャルエディション DVD シカゴ スペシャルエディション

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2003/10/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« インファナル・アフェアⅢ 終曲無間 | トップページ | ヒート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/3345320

この記事へのトラックバック一覧です: シカゴ:

» ルーシーリュー/ルーシーリュー [アイドル・タレント・芸能人一発検索]
携帯でも「ルーシーリュー」を一発検索!! 「ルーシーリュー」の情報を「一発検索」携帯サイトで見てみよう! ルーシーリュー 関連のDVD キル・ビル Vol.1チャーリーズ・エンジェル コレクターズ・エディションドミノチャーリーズ・エンジェル フルスロットル ... [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 02時34分

« インファナル・アフェアⅢ 終曲無間 | トップページ | ヒート »