« ワールドトレードセンター | トップページ | マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して »

2006年10月30日 (月)

クラッシュ

Photo_2

監督 ポールハギス

脚本 ポールハギス

出演 サンドラブロック・ドンチードル・マットディロン・ブレンダンフレイザー・テレンスハワード・ダンディニュートン・ライアンフィリップ・マイケルペーニャ

あらすじ

 クリスマスを間近に控えたロサンゼス。黒人刑事グラハム(ドンチードル)とその同僚でヒスパニックの恋人リア(ジェニファーエスポジート)。銃砲店で不当な差別に憤慨するペルシャ人の雑貨店経営者ファハド。鍵修理を営む黒人ダニエル(マイケルペーニャ)。白人に敵意を抱く黒人青年アンソニーとピーター。地方検事のリック(ブレンダンフレイザー)とその妻ジーン(サンドラブロック)。差別主義者の白人警官ライアン(マットディロン)と同僚のハンセン(ライアンフィリップ)。裕福な黒人夫婦キャメロン(テレンスハワード)とクリスティン(ダンディニュートン)。やがて彼らの人生は思いがけない形で交錯し狂い始める。

感想

 ロスを舞台に繰り広げられる心と心の衝突を描いた群像劇。さまざまな人種が存在する事により起こる人種差別。ある人は差別を受けたり、ある人は差別をしたり、ある人は差別なんてモノに嫌気がさしていたり、そんな人達の人生が複雑に絡み合い心と心をぶつけ合う様は見ていて素直に感動できるし、かなりイイ作品やと思う。決してハッピーエンドではないんやけれども、それもまた人生みたいなね。登場人物個々を見ていればそうゆう感想になったけども、作品全体としたらどうだろうか?かつて人種差別を経験した者たちは形はどうであれ一応ハッピーエンドみたいな綺麗な感じで終わってた。でも、途中頑なに人種に対する偏見と闘い自分の正義を貫いてた青年は?どうなったかは言えないけどもあのラストやったらあまりにもあまりな気がする。まるで人種差別肯定してるような・・・。別に差別したものをラストにおとしめて差別反対!的な感じでまとめろとは言ってないが作品自体が持つメッセージみたいなもんが少し崩れるのは残念やったな。あとサンドラブロックの最後の抱擁。今までまわりに当ってきておいていざって時に家政婦に友達はあなただけってゆうくだり。その一言で全てを終わらせる気か?むちゃくちゃ酷い身勝手な女やんか。どうなんよ。

 本作の監督やってるポールハギスってゆう人は本作が初監督作品。にしたらかなりと言ってイイほど上出来。言いたい所はまだ少しあるけど、めちゃくちゃ上手くまとめられてるし、見ていて気持ちいい。なんか思い立ってイイ映画が見たくなった時はこの作品をススメておきます。

クラッシュ DVD クラッシュ

販売元:東宝
発売日:2006/07/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ワールドトレードセンター | トップページ | マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/4011390

この記事へのトラックバック一覧です: クラッシュ:

« ワールドトレードセンター | トップページ | マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して »