« Vフォー・ヴェンデッタ | トップページ | GOAL! ゴール! »

2006年11月 9日 (木)

DEATH NOTE デスノート the Last name

Death_notethe_last_name

監督 金子修介

出演 藤原竜也・松山ケンイチ・戸田恵梨香・片瀬那奈・マギー・上原さくら・板尾創路・津川雅彦・藤村俊二・鹿賀丈史

声の出演 中村獅童・池畑慎之介

あらすじ

 死神リューク(中村獅童)が落とした「デスノート」を拾い凶悪犯を次々と殺していく天才大学生、夜神月(藤原竜也)。巷では犯罪者の連続不審死を救世主キラの出現と噂が流れ始める。一方、一連のキラ事件を捜査するためインターポールから送り込まれたもう一人の天才L(松山ケンイチ)がキラを追いつめていく。やがて月はキラ逮捕に協力すると称し、自ら捜査本部に乗り込む。そんな中リュークとは別の死神レム(池畑慎之介)のデスノートをキラを崇拝するアイドル弥海砂(戸田恵梨香)が手に入れ自ら第2のキラとなり行動を開始する。

感想

 この作品、原作とは全く違ったラストを用意してあるらしいよ。うん、見てみると確かに原作とは違ったね。でもね、原作を途中で読むの止めるんじゃなくて、最後まで普通の人なら読むじゃない。でしょ?ここで言いたい事は、「どこが原作と全く違うねん!」って事。見ていない人の為に詳しくは言えないけどもね。俺はちゃんと12巻まで読みきりましたよ。第一に原作と違ったラストって銘打ってしまったらアカンと思う。だって、原作と違うラストを想像してみたら本作のラストを普通に想像してしまうやない。それしかないもん。コミックを読んだことない人にしてみれば別に最初から関係ないけど、読んだことある人を劇場に見に来てもらう為に墓穴を掘ってしまったよな。さしたる驚きもなく見終わってしまった。

 そもそも、デスノートの魅力とゆうものは月とLの心理戦にある訳で、そこをバッサリ映画版では削っていたので見ていても面白くないよな。確かにそれを入れたら140分のこの映画が倍になってしまうのはあるから無理なんやろうけど。

 当たり前のことやけど前編よりもオモシロかったよ。でも、まとまり的には前編の方が上かな。本作のオープニングのまるで陳腐な事。見たら笑ってしまうよ。それに、さくらTVでの妹のシーンも要らん。演出が陳腐なんが浮き彫りになって逆に妹がウザく感じてしまうやんか。しょうもないトコではゆっくりしていて肝心なトコで展開が異様にバタバタして早い。原作をただ映画にしましたって域を抜け出してないな。

  ただ、こんな映画でも1ケ所工夫を凝らしたら万人が驚く名作になったかもしれん。1番最後のベッドに横たわる女性(名前は伏せます)が出てきたシーン。あの女性の目が黄色くなってエンドクレジットになったらどうします?今まで見てきて溜まっていた鬱憤が全て吹き飛ぶでしょ?この映画に満足した人もそのラストやったらより一層面白かったとゆう感情が増えるハズ。原作と違うラストを用意してるって銘打つならコレくらいの事しなきゃ。

DEATH NOTE デスノート the Last name DEATH NOTE デスノート the Last name

販売元:バップ
発売日:2007/03/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« Vフォー・ヴェンデッタ | トップページ | GOAL! ゴール! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/4129762

この記事へのトラックバック一覧です: DEATH NOTE デスノート the Last name:

» 社員のご紹介 part2 [十勝川温泉 笹井ホテル]
笹井ホテルの『ささいなニュース』 NO.11 北海道の峠や山沿いでは昨晩雪が降り [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 13時18分

« Vフォー・ヴェンデッタ | トップページ | GOAL! ゴール! »