« アンジェラ | トップページ | 甘い人生 »

2006年11月22日 (水)

グッバイ、レーニン!

Photo_10

監督 ヴォルフガングベッカー

脚本 ヴォルフガングベッカー

撮影 マルティンクララ

音楽 ヤンティルセン

出演 ダニエルブリュール・カトリーンザース・マリアシモン

あらすじ

 1989年の東ベルリン。テレビ修理店に勤める青年アレックス(ダニエルブリュール)。彼の父は10年前に家族を捨て、西側に亡命し、母クリスティアーネ(トリーンザース)はその反動からますます愛国心を強めていった。そんなある日、秘かに反体制の考えを持っていたアレックスが参加した反社会主義デモで警察と衝突しているところを母に偶然目撃されてしまう。母はショックで心臓発作を起こし昏睡状態に陥る。その間にベルリンの壁が崩壊。8ケ月後、資本主義国家となったドイツで母は奇跡的に覚醒する。

感想

 愛国心の強い母にベルリンの壁崩壊とゆう事実を伝えるとショックを与える事になるためアレックスは必死に東ドイツを演出する。コメディとしてみたら、やっすい、うっすい、作りが非常に残念。これも、ドラマ部分がとてもイイからやねん。国への愛情か、はたまた息子の自分への愛情か。見ていて心地がイイ。それだけではなくて東ドイツと西ドイツの違いが上手く映像化されてる。日本にいる人間にしてみればニュースでしか見たことのないベルリンの壁崩壊前後のドイツを改めて感じるイイきっかけにもなるんとちゃうかな。

 映画としての作りはムラが多くてとても悪い。でもムラをそぎ落としていって残ったモノの質は非常に高い。母の最後の表情が全てを物語ってるね。

|

« アンジェラ | トップページ | 甘い人生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/4279411

この記事へのトラックバック一覧です: グッバイ、レーニン!:

« アンジェラ | トップページ | 甘い人生 »