« 花とアリス | トップページ | オールド・ボーイ »

2006年12月 8日 (金)

トゥー・フォー・ザ・マネー

Photo_14

監督 DJカルーソー

脚本 ダンギルロイ

音楽 クリストフベック

出演 アルパチーノ・マシューマコノヒー・レネルッソ

あらすじ

 フットボール選手として将来を嘱望されながら膝の故障で道を閉ざされたブランドンラング(マシューマコノヒー)は、フットボールの勝敗予想に類い希な才能を発揮する。NYのスポーツ情報会社を経営するウォルター(アルパチーノ)はそんなブランドンに目を付け、彼を自分の会社にスカウトする。顧客に賭け情報を提供し、その成功報酬を収入とするウォルターは、驚異的な的中率を誇るブランドンの才能を活かし富を築いていく。互いの信頼感を深めていく中で、成功はそう長くは続かなかった。

感想

 TV等では公にされていないが年間2000億ドルもの金が動くスポーツ賭博の世界。その世界での実話を元にしたストーリー。試合の勝敗とゆう情報をいかに金にかえていくのかという賭博世界の金の流れというものを知る事が出来るのはイイ勉強になる。予想が当たっている時はいいが、外れた時、その試合に賭けてる額が額な為、顧客が抱える負債も桁外れ。その矛先は当然賭け情報を提供した彼らに向けられる。そして初めて予想を外す事の怖さ、予想を当てる事の難しさを知る事になる。ハイリターンに伴うハイリスク。怖い怖い。

 この映画はそれだけじゃなくてアル、マシュー、レネのドラマも見もの。ドラマ部分だけピックアップしたとしたら、そらもう中途半端やけども、それを上手くアルパチーノの存在感がカバーしてた。流石のアルパチーノ。トントン早く行って欲しい所はトントンと、しっかり描いて欲しい所はしっかりと描いてたので、途中でダレる事なく終始見れたのも良かった。久しぶりに見ごたえのある映画を見たような気がした。

トゥー・フォー・ザ・マネー [ユニバーサル・セレクション] (初回生産限定) DVD トゥー・フォー・ザ・マネー [ユニバーサル・セレクション] (初回生産限定)

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2007/07/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 花とアリス | トップページ | オールド・ボーイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139775/4468601

この記事へのトラックバック一覧です: トゥー・フォー・ザ・マネー:

« 花とアリス | トップページ | オールド・ボーイ »