トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »

2006年8月12日 (土)

エリザベスタウン

Photo_16

監督 キャメロンクロウ

製作 キャメロンクロウ・トムクルーズ

脚本 キャメロンクロウ

出演 オーランドブルーム・キルスティンダンスト・スーザンサランドン・アレックボールドウィン

あらすじ

大手シューズ会社に勤務するデザイナーのドリュー(オーランドブルーム)は、開発に長年費やした画期的なシューズが10億ドルもの大損害を招き、責任を取らされ会社をクビになる。恋人にも捨てられ生きる望みを失った彼に追い討ちを掛けるように父親が心臓発作で亡くなったという知らせが届く。父の葬儀のためにケンタッキー州の小さな街エリザベスタウンへと向かう飛行機の中で、陽気でお節介焼きのキャビンアテンダント、クレア(キルスティンダンスト)と出会う。

感想 

 ジャンル的にはラブストーリー。でも、あきらかに失敗作やろ。コレ。そもそもありえなさが満載や。なんで10億ドルもの損害の責任がシューズのデザイナーである青年一人にだけかかってくるんだ?どんな企業やねんな。それに、飛行機の中でいきなり声をかけてきたクレア。キャビンアテンダントとはいえ慣れなれしく、なんでドリューに惹かれたんだ?ってトコをすっ飛ばしたまま強引ともいえる設定を元に話は進んでいく。ストーリー全編を通して何かを訴えようとしてるのは分かるけど、薄っぺら過ぎて見てる者には何も伝わらない。

 にしても、この映画のMVPはキルスティンダンスト。顔はイマイチなのにこうゆう作品で彼女を見たら可愛く見えてしまうのはなんでなんやろか。それが魅力でもあるんやろけど、このありえなさ満載の作品で役を完璧に演じきっていた。相合傘でドリューをふと見つめるシーンの彼女の目が全てを語ってた。オーランドの演技がイマイチってのもあるから余計に引き立ってたんやろか。イイ役者になってきたもんだ。スーザンサランドンの演技もピカイチやったし、この映画の双璧を担ってたのはコノ二人。

 ラストのドリューがクレアの作った音楽付きの地図で旅をするシーン。そこだけは褒められた演出。実際にそこまで女性にされたら軽く引いてしまうんやろうけども、コレはコレでありなんかなと思ってしまったわ。

エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション DVD エリザベスタウン スペシャル・コレクターズ・エディション

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2006/11/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

ショーシャンクの空に

Photo_15

監督 フランクダラボン

原作 スティーブンキング

出演 ティムロビンス・モーガンフリーマン・ウィリアムサドラー・ボブガントン

あらすじ

 妻とその愛人を射殺した罪を問われ終身刑となりショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ(ティムロビンス)。口数少なく自分の殻に閉じこもってたアンディはレッド(モーガンフリーマン)と出逢う。やがて彼は自ら持つ不思議な魅力で受刑者達の心を掴んでゆく。時はたち20年後、彼は自らの冤罪を晴らす重要な証拠を知る。

感想

 イイ映画の大道的な作品。映画自体の構成も素晴しく、それを巧みなストーリーテーリングで隙の無い傑作に仕がっている。ティムロビンス・モーガンフリーマンの演技も素晴しく見終わった後の爽快感は格別。この映画を長いとゆう人もいるけどこれ以上ないまとまり方を見せている。映画は2時間ってゆう誰が決めたか知らんけども、そんなルールに惑わされたらアカンな。文句なしで刑務所映画で上位にくい込んで来る作品やわ。希望とゆうモノの大切さを教えてくれます。

以下ネタバレ注意

一つ、気になる所がある。所長がアンディの独房を検査しに来るシーン。あのシーンを見て観客が思うのは、ロックハンマーがバレる!って事やけど、普通に考えたら誰でも本の中に隠すわな。でも、中には壁の穴の中に隠したら良かったんちゃうんか?ってゆう人もおる。壁の穴。確かに開いてたとしたら穴の中に隠すよな。でも実際は聖書の中に隠してた。とゆう事はあの時点ではアンディはまだ壁に穴を掘ってなかったって事になる。で、気の早い観客は脱獄も疑ってる。ポスターの裏には穴が・・・って。でも掘ってなくて穴がないなら、そうゆう観客の為にも、所長が「このポスターはイケない」って言いながらポスターごしに壁を指でコンコンと叩くくらいの演出しても良かったんでは?と思う。そうしたら、見る人はことごとくラストにビックリしたんとちゃうかな。独房検査のシーンがリタヘイワースのポスターが届いた次のシーンやったんやから十分可能な範囲の演出やと思う。まあ無くても作品の素晴しさは変わらないんやけどな。にしても、所長さん。聖書の中にロックハンマー入っててその重さを何も疑問に思わんかったんかな?

DVD ショーシャンクの空に

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/07/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道

Photo_14

監督 ジェームズマンゴールド

原作 ジョニーキャッシュ

出演 ホアキンフェニックス・リースウィザースプーン・ジェニファーグッドウィン・ロバートパトリック

あらすじ 

 1940代のアメリカ。綿花栽培の小作で生計を立てる貧しい家庭に生まれたジョニーキャッシュ(ホアキンフェニックス)。父親は酒に溺れ暴力を振う毎日。そんな彼の心を支えたのは大好きな兄ジャックとラジオから流れてくる少女ジューンカーター(リースウィザースプーン)の歌声。しかしある日兄が事故で亡くなってしまう。父はお気に入りのジャックが死んだことを嘆き、そのことがさらにジョニーの心を深く傷つけた。やがて成長したジョニーは2年の軍隊経験を経て初恋の女性ヴィヴィアン(ジェニファーグッドウィン)と結婚。訪問セールスの仕事に就くがプロのミュージシャンになるべくオーディションを受ける。見事プロミュージシャンとなったジョニーは、全米ツアー中にジューンカーターに出逢う。

感想 

 今、日本でジョニーキャッシュとジューンカーターを知ってる人はいるんだろうか?名前は聞いた事はあっても歌まで聴いた事ある人なんてほんと少ないんだろうな。この作品はカントリーミュージックの伝説ジョニーキャッシュの半生を描いた映画。でも、そんな宣伝の仕方しても日本ではお客が集まらないからか型破りなラブストーリーとして宣伝してた。でも、見てる限りラブストーリーはラブストーリーでもそこまで型破りでもない。この作品の良さはそんな所ではないよ。本編のほとんどがジョニーとジューンの歌のシーンなんやけど、それをホアキンフェニックスとリースウィザースプーンが吹き替えなしで実際に歌ってるって事が素晴しい。二人とも無茶苦茶上手いじゃないか。

 そして、ジョニーがドラッグに溺れ、父親に兄の事を話すシーン。実際、ホアキンの兄、リバーフェニックスもドラッグに手を出し命を落としている。それがクロスオーバーしたのか、その演技には妙な説得力がかもし出されていた。それにしても、ホアキンもリースもいい俳優になったよな。リースなんてこの作品でアカデミー主演女優賞もらってたし、納得の演技やな。

 でも、映画としてはまとまりがそんな無かった気がする。最後に淡々と話が運びすぎてる感があったのは残念。実際はそんなんちゃうんやろうからさ。十年間ステージでしか言葉を交わさなかったのはよっぽどやで。この作品の中核を担う、ジョニーとジューンの結婚までの経緯をもっと丁寧に描いたほうが良かったんではないだろうか。もう後15分位長くなってもそこがちゃんとしてたら普通に文句は出ないと思うんやけども。ハリウッドでは最初から歌のシーンに力入れて作ったってゆう映画やし、その他はジョニーキャッシュの半生として流してって事なんやろ。でも、まあ良く出来た映画やと思います。

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 特別編 DVD ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 特別編

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/05/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

スパイダーマン2

Photo_13

監督 サムライミ

撮影 ビルポープ

出演 トビーマグワイア・キルスティンダンスト・アルフレッドモリーナ・ジェームズフランコ・ウィレムデフォー

あらすじ

 あれから2年、ピーター(トビーマグワイア)は新聞社への写真の売り込みで生計を立てながら大学生活を送る一方、スパイダーマンとしてNYを守っていた。メリージェーン(キルスティンダンスト)は念願の舞台女優になり、親友のハリー(ジェームズフランコ)は亡き父の会社の跡を継ぎつつ父親の仇がスパイダーマンであると思い込み復讐に燃えていた。そんな時、ハリーの会社のもとで研究を続けていたDr.オクタビアス(アルフレッドモリーナ)が実験中の事故で怪人ドック・オクとなってしまう。

感想

 まさしく、これこそスパイダーマン。1でたらたらプロローグを語り尽くしたおかげで最初からアクセル全開で飛ばしまくり!前作のヒットってのもあってワイヤーでカメラを飛ばす、まるで観客がスパイダーマンになったかのような感覚になれるスパイダーアイを多用したのが良かった(1でのラスト30秒で使ってたアレ)。ソレがそのまま画の迫力に繋がってる。その点でこの作品はかなりイイ作品と言える。ストーリーなんか求めちゃダメだ。ラブストーリーとして見ても全然でしょう。オープニング見ても分かるようにたったアレだけで1の内容が把握出来てしまうんやから。そんなモンや。3の公開も決まってるし、次はどんな作品になるのやら。楽しみ。

 そういや、別に粗を探した訳やないんやけど、電車のシーンで火がいたマスクを外したスパイダーマン。暴走する電車をやっとのこさで止め、力尽きるスパイダーマンに乗客の子供がコレ見つけたよ!ってマスクを返す。やけど、どこからそのマスクを見つけて来たんだ?スパイダーマンがマスクを外したのは電車の外で、しかも遥か彼方やぞ!もしかして、スパイダーマン以上の逸材発見?しかも、当のドック・オクは後々のシーンの為にスパイダーマンの素顔を見ていないときたもんだ。画面に迫力を求めるばかり、ウォーリーを探せよりも簡単なくらい、出るわ出るわの粗を詰め込んでしまったのは・・・仕方ない事なのかな。

スパイダーマンTM2 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) DVD スパイダーマンTM2 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイダーマン

Photo_12

監督 サムライミ

脚本 デイヴィットコープ

出演 トビーマグワイア・ウィレムデフォー・キルスティンダンスト・ジェームズフランコ

あらすじ

幼少の頃に両親を亡くし伯父夫婦のもとで育てられたピーター(トビーマグワイア)。彼は小さい頃からずっと思いを寄せている隣家のメリージェーン(キルスティンダンスト)に未だに気持ちを伝えられない冴えない高校生。ある日ピーターは親友のハリー(ジェームズフランコ)から彼の父親ノーマン(ウィレムデフォー)を紹介される。ノーマンは巨大軍需企業オズコープ社の社長にして科学者。ノーマンはピーターの科学の才能を高く評価し彼に一目置くようになる。そんなピーターは大学の研究所の見学会の際、遺伝子組み換えスーパースパイダーとなったクモに刺される。その瞬間からピーターの身体に異変が起こり始め驚異的な能力が宿るようになる。

感想

 有名なアメコミ「スパイダーマン」の実写版。この映画の最大の見所は蜘蛛の能力を得た青年が街を蜘蛛の糸でビュンビュン移動するところ。でも、この作品ではそれが全然生かされてない。シリーズ化されるって事が念頭にあってストーリーはキャラクターの紹介に重点を置きすぎて無いに等しい。アクションも第1作目がヒットしたら予算もおりるし2から頑張ろう!的なノリで弱いです。どうにもこうにもアメコミの実写版って第1作目は様子見な所があるのはしゃあないんやろうけど、それで消えていってるアメコミ原作の映画が多いのも事実。ネームバリューに助けられたって所でしょうか。まあ、そこまで面白くはないけどさ、こうゆうもんなんやし次に2を見る為のプロローグとして見る!みたいに割り切らないとね。

 それでも拍子抜け感は否めないけどもラストのゴブリンとのワールドトレードセンターでの決闘シーンが9.11のテロの為に白紙になったみたいやし、可哀そうな事は可哀そうなんやけどな。でもラスト30秒の映像はでっかい画面で見るだけの価値はあると思うよ。ラスト30秒は。

スパイダーマンTM デラックス・コレクターズ・エディション DVD スパイダーマンTM デラックス・コレクターズ・エディション

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2006/11/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

Photo_10

監督 ゴアヴァービンスキー

製作 ジェリーブラッカイマー

出演 ジョニーデップ・オーランドブルーム・キーラナイトレイ・ビルナイ・ジョナサンプライス・ジャックダヴェンポート

あらすじ

 ブラックパール号の船長となったジャックスパロウ(ジョニーデップ)。しかし彼は、誰もが恐れる幽霊船フライング・ダッチマン号の船長デイヴィジョーンズ(ビルナイ)に魂を奪われようとしていた。時は13年前。ブラックパール号を手に入れるためにジョーンズと血の契約を交わしており、その契約の刻限が迫っていた。ジャックは窮地を打開するべくある鍵の行方を追い始めていた。一方、結婚式を挙げようとしていたウィル(オーランドブルーム)とエリザベス(キーラナイトレイ)は、ジャックを逃がした罪を問われ投獄される。やがて、2人はジャックに会わなければならない事になり、彼のもとへ向かう。

感想

 1のエンドロール後の小ネタまで皆見てるんかな?それ見てないと今作に登場するサルがなぜああなんかって話繋がらんよな。まあソレは置いといて、楽しい映画やよ。ストーリー的にみても大味になりすぎてる感は否めないけどもな。冒険アクションって感じよりコメディーみたいになってた。迫力でごまかそうとしてるのを隠す為にコメディー要素を加えて、どう?面白いやろ?みたいな・・・。ジャックスパロウにコメディーってまあ合ってる感じもあったしソコはイイとして、エリザベスにコメディー的要素はいらんやろ。笑いはボケとツっ込み。なんか皆がボケボケボケボケで、逆に全然笑えなかった。迫力の点からしたら、1を遥かに凌駕しててかなり良い。水車の上での決闘も見る者をわくわくさせるカメラワークで迫力倍増。それにありえないデカさのクラーケン登場で画面はてんやわんや。んでラストはビックリな感じで3へ続く・・・みたいな。こんな終わり方されたら3を早く見たくて仕方ないじゃないか。

 で、今回もエンドロール後に小ネタがある。エンドロール途中で席を立つ人がかなり多かったけど、その人達はやっぱり1も最後まで見てないんやろな。知ってる人はかたくなに最後まで席を立たんかったけども。映画は何があるかわからない。やから、やっぱり最後まで見ないとね。あくまでも動物ネタってのは守ってて天丼成功ですな。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション DVD パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち

Photo_9

監督 ゴアヴァービンスキー

製作 ジェリーブラッカイマー

出演 ジョニーデップ・オーランドブルーム・キーラナイトレイ・ジェフリーラッシュ・ジョナサンプライス

あらすじ            

 時代は17世紀。海賊達は海を荒らしていた。始まりはカリブ海の港町ポートロイヤル。総督の娘エリザベス(キーラナイトレイ)はかつて海で助けた少年ウィル(オーランドブルーム)が身につけていた黄金のメダルを見つけ密かに持っていた。ある日ブラックパール号に乗ったバルボッサ(ジェフリーラッシュ)率いる海賊たちがにさらわれてしまう。彼らの目的は彼女が身につけていた黄金のメダル。一方、鍛冶屋で働く青年へと成長したウィルは元ブラックパール号船長で一匹狼の海賊ジャックスパロウ(ジョニーデップ)と手を組みエリザベスの救出に向かう。

感想

 今まで海賊映画はたくさんあったけどヒットしないってゆう定説があったくらい海賊モノは当たらなかった。それを覆したのがこの映画。よほどオモシロい作りになってるんだろな~と思っていたらアラ大変。完全なる大衆映画でした。ストーリー自体は子供向け。なんのひねりもなく、ただ画面を目で追ってるだけで理解できる程度。この映画のヒットは一重にジョニーデップのおかげやよ。彼が演じあげたジャックスパロウってゆう海賊が今まで以上に魅力的で人々に支持されただけ。それ以上でも以下でもない。どこから面白くなるんかな?と、ドキドキして見ていたら本編が終わってしまったやんけ・・・って。でも見終わった後残るのはつまらないってゆう感想じゃなく、なんか良かったなって、そんな感じに強引にさせてくれます。そこはアメリカ映画。派手な音楽と派手な最後で綺麗にまとめてます。でも、まあ間違いなく海賊映画の中やったらNo1やないかな。デップの演技だけで映画1本をコレだけのモノにするなんて並大抵の事やない。

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち DVD パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2005/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

M:i:III

Photo_8

監督 JJエイブラムス

製作 トムクルーズ

テーマ曲 ラロシフリン

出演 トムクルーズ・フィリップシーモアホフマン・ヴィングレイムス・マギーQ・ローレンスフィッシュバーン・ジョナサンリス=マイヤーズ・ミシェルモナハン・ビリークラダップ

あらすじ

 スパイとして活躍したIMFのエージェント、イーサンハント(トムクルーズ)も現在は引退し教官としてスパイの育成に務めていた。私生活でも看護士ジュリア(ミシェルモナハン)との結婚を控え、充実の日々を送っていた。身分を隠したまま・・・。ある日イーサンのもとにIMFから新たな指令が。教え子であるエージェント、リンジー(ケリーラッセル)が国際的闇ブローカー、オーウェンデイヴィアン(フィリップシーモアホフマン)の監視中に拘束されてしまった。現場に復帰し同僚と共に救出へ向かう。しかし・・・。

感想

 もうここまで来たらスパイ大作戦の名前なんてどうでも良くなってる。2があまりにもヒドかったって事からかスパイらしさを取り入れてたけど、そんな事は置いといてアクションやろ。オープニングタイトルの前にストーリーが全部読めてしまうってゆうアホらしさもドカンとすっ飛ばしてくれる位の怒涛のアクション。ウルサイくらいのアクション。そしてオープニングも耳障りなくらいウルサイ。もう何が何やらウワ~!って感じやから終わった後は気抜けたみたいになる。こんな作品なのにストーリー上必要なアクションに留めてるのがまたイイ。本作の監督はアメリカのドラマ「LOST」で有名になったJJエイブラムス。そこは腕のある監督なだけに映画全体を通して絶妙なバランスを保っていたのは当然っていったら当然なんかな。やっぱジョンウーとは違います。でも2のヒドさからあんま期待してなかったってのもあるけどこりゃ1本とられたよ。1、2ときてⅢで完全にアクションシリーズになっちまいました。ちっちゃいTVじゃなくてデカいスクリーンでの観賞をススメます。

 そういや今回変装用の顔を作る肯定がきちんと描かれてました。ああこんな感じで作ってたんや~って。でもさ2でハントが最後あんなにすぐ部下に変装出来たのはなんでなんやろ?それに今回タイトルのiが小文字になったのはなぜ?数字が3じゃないのは?謎ばかりが残るこのシリーズ。最後わかりづらいけど一応次回作への含みも残してる。4を期待したいところやけど公開後奇行が祟ってパラマウントを解雇されたトムクルーズ。まさかこれで最後?

M:i:III DVD M:i:III

販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日:2007/06/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M:I-2

Photo_7

監督 ジョンウー

製作 トムクルーズ

テーマ曲 ラロシフリン

出演 トムクルーズ・ダグレースコット・ダンディーニュートン・ヴィングレイムズ・アンソニーホプキンス 

あらすじ                        

 休暇中のイーサン(トムクルーズ)のもとにIMFからの緊急指令。それはテロ集団に奪われた致死細菌“キメラ”の奪回。編成されたチームの中には見知らぬ女ナイア(ダンディーニュートン)の名が。イーサンは彼女に接近を図る。

感想

 なしてジョンウー?まがりなりにもスパイ映画のはずやのに。ハトにスローモーションに二丁拳銃。まあ二丁拳銃はイイとして、あとは絶対いらんと思う。それがジョンウーやねんけども、必要性が全く感じられない。特にスローモーションを多用してるトコなんて映画を逆に間延びさせてるだけやんか。アクションも中途半端でソレ別にいらんのんちゃう?って言われたら、まあいらんやろな。無理矢理入れた感が満載。スパイ映画って観点から見たら全く道それてるし、アクション映画としても迫力は中途半端やし、ストーリーなんてあってないようなもんやし。あらすじを書こうにも内容が無さ過ぎてビックリしちまった。完全に前作がヒットしたもんやからイイ気になって作ったとしか思えないな。こんなんやからシリーズもんはつまらなんって言われる事になんねん。でもまあ、あのアクションをトムクルーズがスタントなしで自分でやったってのは褒められる。そんなけの☆1つ。

 何も考えずに見れるドンパチムービーです。趣味の悪いアクションがもれなくついてきますが、気軽に映画を楽しみたい方はぞうぞ。

M:I-2(ミッション:インポッシブル2) DVD M:I-2(ミッション:インポッシブル2)

販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日:2006/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッション:インポッシブル

Photo_5

監督 ブライアン・デ・パルマ

製作 トムクルーズ

テーマ曲 ラロシフリン

出演 トムクルーズ・ジョンヴォイト・エマニュエルベアール・ジャンレノ・ヴィングレイムズ ・クリスティンスコットトーマス・ヴァネッサレッドグレーヴ

あらすじ

 東欧におけるIMFの作戦は情報漏れのために失敗に終わる。多くの仲間を失ったイーサンハント(トムクルーズ)は、これがIMF内の裏切者を見つけ出すための作戦だと言うことを知る。しかしその疑いが自分にかかっている事に気付き真実を明らかにする為に作戦中に命を落としたフェルプス(ジョンヴォイト)の妻クレア(エマニュエルベアール)と落ち合い元CIAのクリーガー(ジャンレノ)と天才ハッカーのルーサー(ヴィングレイムズ)をメンバーに加え、武器商人マックス(ヴァネッサレッドグレーヴ)から得た情報を元に難攻不落のCIA本部への潜入を試みる。

感想

 人気TVシリーズやったスパイ大作戦を映画化したのはイイ試みやとは思う。エンターテイメント作品としては1級品やないかな。でも本来のスパイ大作戦らしさはない。あの仲間と一致団結して不可能を可能にする。そんな見終わった後に残る独特の爽快感は皆無。でも監督がデパルマなだけにそれなりに楽しめる作品になってる。ストーリー通して見られるサスペンス感やラストのアクション。ストーリーテーリングの上手さといいデパルマさまさまやま。まあ、それだけって言ってしまえばそれだけやねんけども見ごたえは十分!スパイ大作戦の音楽を使った全然違う作品として考えてしまえばイイ。

 ミッション:インポッシブルシリーズの中でもシリーズ1作目って事もあったり、監督がデパルマって事もあったりで、まだ過去のスパイ大作戦を引きずってる所もあるけど、アクションに頼った作りではないし、誰が裏切り者なのかってゆうサスペンスを中心にした作品なので見てて普通に面白い。テーマ曲も言わずと知れた名曲。オープニングでこの曲が流れたときはさすがに心踊らされた。

ミッション:インポッシブル DVD ミッション:インポッシブル

販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日:2006/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »