« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ

2007年9月16日 (日)

オーシャンズ13

327386view001

監督 スティーブンソダーバーグ

製作総指揮 ジョージクルーニー・スティーブンソダーバーグ

出演 ジョージクルーニー・ブラッドピット・マットデイモン・アンディガルシア・ドンチードル・バーニーマック・エレンバーキン・アルパチーノ・ヴァンサンカッセル・エリオットグールド

あらすじ

 ルーベン(エリオットグールド)は、これまで所有する全てのホテルで最高格付けの5つダイヤ賞を獲得してきた業界屈指のホテル王ウィリーバンク(アルパチーノ)と組み、ラスベガスに建つ巨大ホテルの共同経営を約束していた。しかし、突然バンクに裏切られたショックで心筋梗塞に倒れ、危篤状態になってしまう。その報せを受け彼のもとに集まったオーシャン(ジョージクルーニー)たちはバンクに復讐を誓い、因縁の宿敵ベネディクト(アンディガルシア)までも味方に引き入れる。彼らの戦略は、この一件の発端となった超高級ホテルのグランドオープンに合わせ、ホテルの最新セキュリティと評判をズタズタにし、バンクを完全に破綻させること。そしていよいよオープン当日、壮大な計画が始まる。

327386view015

感想

 まるでパーティーみたいな映画だね。このシリーズを通して微妙に話しを繋げてる感じも好きだよ。もの凄く王道のアメリカ映画だね。

 ハリウッドの有名どころが名を連ねるこのシリーズ。出演者を見ただけでテンション上がる。そんなこんなで作られた「オーシャンズ11」。これは本当に面白かったよ。でね、その続編の12なんだけどさ、再び皆が集まって作りました!ってノリで、全然面白くなかったんよね。ノリはノリでそのノリは大切にしなアカンねんけど、ホンマにそのノリだけやったからな。オーシャンズはこうゆうモンなんだ!ってゆわれればソレまでなんやけど、まるでどこかのアゴのしゃくれたマシンガントーク監督が自分が好きやからって理由だけで黄色いコスチュームで人をバタバタ剣で殺していく映画撮ったんですけど、何か?みたいな、あの時と同じ印象受けて、正直そうゆう事は個人だけで勝手に楽しんで頂戴ね!って思っとった訳ですよ。

 んで、今回のオーシャンズ13。12がああやったって事であんま期待はしてなかったさ。でも、アルパチーノが敵役で出演するって事で、それだけで見る価値はあるってモンだ。

見たところ12がヒドかったからか、そこまで悪い印象は受けなかった。むしろ良い作りになってたよ。内容はあって無い様なモンやったけどさ。映画の大半はどうやってバンクを破滅させるかの打ち合わせシーン。新たな問題が出てきたらそれを解決するためにはどうしたらいいか?を考え、小さな事からコツコツと、オープン当日の決行の時までロジックを積み重ねていく。それがピッタリとハマって、大成功!みたいな。ホンマ王道の中の王道を行く感じ。全てが全て、オーシャンの思い描いたように成功していく様はもう笑うしかない。あんな大掛かりな作戦で致命的なミスもなく気持ちイイように功を奏するのは流石ハリウッド映画!

 そして今まで若干スベり気味の傾向があったお得意のシュールなアメリカンジョークもピタっとストーリーにハマってて良かったね。これはシリーズとして3作目というものやからこそ成せる技ってトコでしょうな。見てない人や内容を覚えてない人は13を見る前に軽く見ておくのが良いでしょう。

 今までジョージクルーニーの横で第二の顔として活躍しまくってたブラッドピット。彼は13ではそこまで影が濃くないです。しかしながらクールにラストを一人で持っていってしまうとこなど、要所要所で格好良過ぎますぞ!まったくいいポジションだこと・・・惚れ惚れしたわ。そこのシーンだけでも見物です。エンドロールの名前の順がジョージクルーニーがトップじゃなく、ブラッドピットだったのは、その影響?

オーシャンズ11 特別版 DVD オーシャンズ11 特別版

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/07/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オーシャンズ12 DVD オーシャンズ12

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/07/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (54) | トラックバック (1)

« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ